SOLO EXHIBITION "TIGER POET"

2018 OCT 5-27 @CLEAR GALLERY

"Tiger Poet"

CLEAR GALLERY (Former CLEAR EDITION & GALLERY)
〒106-0032 東京都港区 六本木7丁目18−8 岸田ビル2F
2F/ 7-18-8 ROPPONGIMINATO-KU TOKYO 106-0032

2018年10月5日-27日
火-金 (Tue-Fri) 14:00-19:00
土(Sat) 11:00-19:00

7日(日)は13:00-17:00  (時間がかわりました
)(通常 日/月/祝日は休廊)

オープニングパーティー 10月5日 19時~21時

他者に理解できない、されなくても良い方法で自分を恍惚状態に導く術を人間は誰しもが持っている。
それはしばしば通常的な道徳心から逸脱し、羞恥心を刺激し、自尊心を損なう行為そのものである。
それでもなおそれを続けてしまうのは、己にしか理解できない快を得られというだけではなく、
傷つけられた自分、そしてその状況そのものを受け入れ愛でるエゴ、ナルシシズムが存在するからだ。
しかし、すべてのそういった術が全く他所から見れば価値のなく、
自慰のように完全な自己完結で終わってしまうものだとは思えない。
人間はそういった無駄な行為によってなりたっているのではないだろうか。
それはつながり合い人間の文明の一部と化す、たとえ悪趣味なものであったとしても。

I think Humans have certain behavioral traits that other people can never fully understand, 
in fact they do not need to be understood by others. These behavior can enable a sense of enchantment. 
 At the same time they can often result in a loss of morality, pride and a magnification of personal shame.
Why people act the way they do in the world is not just for the pursuit of ecstasy.
It can also be because we all have egos that can accept and love damaged pride and 
sadness, in all the situations in which they exist.
I do not think deviant behavior are completely meaningless for other people, 
or that they just end up as something like self-complacency or onanistic experience.
Having eccentric behavioral traits is a feature that makes us human. 
Even if these behavior are unpleasant in nature, they can still be something that makes real connections between us in society.